編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」
日本株展望

複利で増やす--「米国株の積立投資」が資産形成の王道

ZDNet Japan Staff

2020-12-11 11:37

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 米国株式の長期リターンは世界株式を凌駕してきた
  2. 米国株式市場の「貯めながら増やす積立投資」を検証する
  3. 米国株式に「黄金の20年代」が再来するイメージ

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

米国株式の長期リターンは世界株式を凌駕してきた

 11月と12月に過去最高値を更新したS&P500指数は上値の重い動きに転じつつある。同指数の200日移動平均線からの乖離(かいり)率は+17%に到達(8日)。過去5年の乖離率レンジ上限(+15%程度)を上回ったことで上昇ペースへの警戒感も否めない。

 とは言いながら、MPT(現代投資理論)は「相場はランダムウォーク(千鳥足)に近く正確に予見することは不可能」と実証した。株価が一段と上昇するのか、一転下落するのかを当て続けるマーケットタイミング(短期売買)は「言うは易く行うは難(かた)し」ということも知られている。

 改めて、資産運用の世界で合理的な投資戦略とされて久しい“Stay Invested(投資しつづける)”の方法論を再認識したいと思う。

 図表1は、米国株式と世界株式の長期リターン(配当込み総収益)をドルベースと円ベースで示して日本株式と比較したものだ。

 相場が「高値圏」とされたリーマンショック直前(2007年末)に投資を始めたとしても、米国株式は現在まで約3倍となり、世界株式や日本株式よりも高い投資成果を示してきた。短期的なリスク(リターンのブレ)を乗り越えて優れたリターンをもたらしてきた米国株式の長期市場実績だ。

 冷静に振り返ってみると、「米国株式は大きく下落した場面が押し目買いや積み増しの好機」だった事実も分かる。株価が高値圏で推移する現在はもちろん、下落する場面となっても警戒心や悲観に押されて売買を繰り返す方法が得策とは思われない。

<図表1>内外株式市場の長期リターンを比較してみる

出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2007年12月31日~2020年11月30日)
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2007年12月31日~2020年11月30日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]