編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

山陰合同銀行、次世代ローンシステムに富士通とセールスフォースの技術を活用

NO BUDGET

2020-12-11 14:06

 山陰合同銀行は次世代ローンシステムに、富士通とセールスフォース・ドットコムの技術を活用する。このローンシステムはローン手続きを非対面かつオンラインで完結できる。Salesforceのプラットフォームをローン業務システムとして採用するのは国内地域金融機関としては初という。

 同システムは、ローンの申し込み管理機能を持つ「Salesforce Financial Services Cloud」と顧客とのコミュニケーションやポータル機能を持つ「Salesforce Experience Cloud(旧称Community Cloud)」、ならびに富士通が提供するローン審査機能を持つ「Cloud Lending」がSalesforceプラットフォーム上で構成される。

 個人ローン業務のうち、顧客による申込手続きから銀行による審査、融資実行までがオンラインで完結できるだけでなく、システムやデータがシームレスに連携することで情報の一元管理が可能だ。これにより銀行内の効率化に加えて、ローンに関する手続き進捗や融資条件などの情報が集約された顧客ごとのマイページを提供することで顧客接点の強化が図れ、エンゲージメント向上が期待できる。

 富士通は、豊富な業務ノウハウとSalesforceプラットフォーム上でローン審査業務を行うCloud Lendingを提供することで、顧客エンゲージメント向上の実現に向けた業務システムの開発から構築、運用にわたり全面的に支援する。

 セールスフォース・ドットコムは、各種ソリューションを提供するに先立ち、山陰合同銀行のデジタル変革のロードマップ策定をするコンサルティングとして「Salesforce illuminateサービス」を通じて支援している。

 同行では、同システムについて、2021年春からカードローンやマイカーローン、教育ローンなどでの運用を、同年秋から住宅ローンでの運用を開始し、段階的に機能拡充を図っていく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]