編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

デル、サーバー標準価格を平均25%引き下げ--月額固定で超過利用分に従量課金 - (page 2)

阿久津良和

2020-12-16 06:45

 上原氏は「確約契約額はサーバー構築のリードタイムを提供するため、33カ月分を想定している」と約3カ月(90日間)分の運用コストが軽減されることを強調した。なお、CPU使用率の判断はコンサルティング部門とともに、事前影響評価サービスの提供が可能だという。

Pre-Approved Flex On Demand Pricingの概要 Pre-Approved Flex On Demand Pricingの概要
※クリックすると拡大画像が見られます

 新価格戦略の文脈では、プロセッサーとGPUを除くサーバーの主要コンポーネントを対象に、平均25%の価格を引き下げた。たとえばメモリーで40%程度、ソリッドステートドライブ(SSD)で35%程度まで引き下げることになる。PowerEdgeがベースのハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)やストレージも対象となり、ハードウェアに対して7~25%の価格を引き下げる。

価格改定の一例 価格改定の一例
※クリックすると拡大画像が見られます

 顧客サポート力の強化の文脈では、2005年11月に設立した宮崎カスタマーセンターのテレワーク環境構築が4月13日に完了したことを示し、「コロナ禍だけではなく、災害時でもBCP(事業継続計画)を維持できる」(上原氏)点を主張した。

 最後となる販売エコシステムの文脈では、同社の戦略パートナーが持つソリューションのOEM化を視野に入れつつ、顧客に対してはデル・テクノロジーズが一元化した窓口となることを指す。その理由として同社は、コロナ禍による非接触時代は複数ベンダーが客先に集まって打ち合わせすることが困難だからと述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]