編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

グーグル、世界的な障害発生の原因を説明

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-16 12:49

 Googleは米国時間12月14日、「Gmail」「Google Cloud Platform」(GCP)、「YouTube」などのサービスで世界的な障害が発生した原因を説明した暫定的なレポートを公開した。

 原因となった問題は「Google Cloud Infrastructure Components Incident #20013」として識別子が付与されている。Googleのアイデンティティーを一元的に管理するシステムへの割り当て容量が減少したことで、エラーを返す現象が世界的に発生し、ユーザーログインを必要とするサービスに影響したという。

 根本的な原因は、ストレージのクォータ自動管理システムに不備があったことであり、それによって認証システムへの割り当て容量の減少が引き起こされたという。

 GCPのサービス(「Cloud Console」「Cloud Storage」「BigQuery」「Google Kubernetes Engine」など)と「Google Workspace」のサービス(「Gmail」「カレンダー」「Meet」「Docs」「Drive」など)が影響を受けた。障害は50分間続き、この間にユーザー認証処理を必要とするこれらのサービスでエラーとなった。

 Googleはレポートで、「社内ユーザーや社内ツールの多くでも同様のエラーが発生し、障害に関する外部への連絡にも遅延が発生することになった」としている。

 同社は社内調査が完了した時点で、今回の障害に関する分析結果を公表する意向だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]