SolarWinds製品を悪用したマルウェア、日本でも検出確認

ZDNET Japan Staff

2020-12-17 16:43

 国家的な背景を持つとされるサイバー犯罪組織が、米SolarWindsのネットワーク監視ソフトウェア「Orion」のアップデートを悪用してトロイの木馬型マルウェア「Solorigate(別名SUNBURST)」を拡散させた攻撃について、トレンドマイクロは同マルウェアを日本でも検知したことを明らかにした。

 この攻撃では、主に米国連邦政府機関の財務省や国土安全保障省などのほか、サイバーセキュリティ企業のFireEyeも標的になったとされる。犯罪組織の素性は不明ながら、米国メディアの多くはロシアとの関連性を指摘している。

 マルウェアはOrionのアップデートに埋め込まれる形で拡散し、SolarWindsによれば、Orion Platform v2020.2(ホットフィックス未適用の場合)、v2020.2 HF 1、v2019.4 HF 5が影響を受けるとし、同社はユーザーに対して問題に対処したv2020.2.1 HF 2もしくはv2019.4 HF 6への更新を呼びかけている。

 トレンドマイクロは、12月16日午後5時点で170件のSolorigateが検知されたと報告した。全体の53%を占めた米国の90件を筆頭に、カナダやアルゼンチン、英国でも10件以上が検知され、日本でも1件が確認されたとしている。

出典:トレンドマイクロ
出典:トレンドマイクロ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]