SB C&S、経理や財務のシステム基盤共通化でEAIでデータ連携を一本化

藤代格 (編集部)

2020-12-21 07:00

 ITディストリビューターのSB C&S(旧ソフトバンク コマース&サービス、港区、単体従業員数1865人)は、ビジネスルール管理システム(Business Rule Management System:BRMS)「Progress Corticon」と、企業アプリケーション統合(Enterprise Application Integration:EAI)ソフトウェア「DataSpider Servista」を採用。

 財務、経理業務における共通システム基盤の開発などに活用し、業務をデジタル化しつつシステムをスリム化しているという。12月17日、Progress Corticonを提供するアシスト(千代田区)が発表した。

 SB C&Sの財務、経理関連システムは、幅広い取引先と多岐にわたる商材を扱うために肥大化していたという。

 開発、運用の工数やコストの削減、業務効率化などと相反する状態で、複雑な業務ロジックが部署や個人特有のノウハウとして蓄積していたと説明。

 サイロ化と属人化の排除が業務デジタル化における喫緊の課題だったとしている。

 社内に散在するさまざまなデータ、システムをつなぐデータ連携基盤にDataSpiderを、収集、結合したデータに対して入力チェック、スコアリング、料金計算といった各種業務ロジックを提供する基盤にCorticonを採用。2014年から着手する複数プロジェクトで活用し、開発工数を大幅に短縮しているという。

 2019年には優先度が高かった「消費増税対応」と「与信管理」のシステムをリリース。業務ロジックを整理し、従来複数システムに個別ロジックとして実装していたルールをCorticonに集約したという。

 保守性の向上、業務ルール可視化によるガバナンス強化、システムのスリム化を実現したとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]