編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

グーグル、「Chromium」ベースのOS「CloudReady」のNeverware買収

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-12-18 11:42

 Googleが、「Chromium」ベースのOS「CloudReady」を提供するNeverwareを買収した。CloudReadyは、古い「Windows」PCなどを「Chrome OS」搭載マシンとしてよみがえらせることができる。

 CloudReadyは、「Windows 7」搭載PCを使い続けているユーザーにとって、理想的な解決策となっているかもしれない。Microsoftは1月15日にWindows 7のサポートを終了している。CloudReadyは、Chrome OSと同じように、6週間ごとにパッチや修正が提供されている。

 米ZDNetのSteven J Vaughan-Nicholsが述べているように、CloudReadyは、Linuxに乗り換えようという気にはなれない平均的なユーザーに適しているかもしれない。

 「Home」エディション(無償)、「Education」エディション(1台当たり年間20ドル:約2100円)、「Enterprise」エディション(1台当たり年間49ドル:約5100円)が提供されている。

 NeverwareとCloudReadyはGoogleでChrome OSのチームに加わる

 CloudReadyの現行の価格などに変更はない。Neverwareは、「CloudReadyは、公式なChrome OS製品となるため、Chrome OSの公式リリースに従ったリリースプロセスを期待できる」としている。

 Neverwareは2011年に創業され、2015年にCloudReadyを公開した。Googleは2017年、シリーズBの資金調達ラウンドでNeverwareに出資している。Neverwareによると、CloudReadyは137万台の端末にインストールされているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]