編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

32種類の組み合わせが可能--Raspberry Piの「Compute Module 4」を見る

ZDNet Japan Staff

2020-12-20 08:00

 Raspberry Piから、産業用デバイスや家電製品向けシステムオンモジュールボード「Raspberry Pi Compute Module」の新モデルが登場した。

 「Raspberry Pi Compute Module 4」は、2019年6月に発売された「Raspberry Pi 4」と同様、Broadcomの64ビット、クアッドコアのシステムオンチップ(SoC)を搭載している。つまり、16カ月前に発売されて大ヒットしたPi 4と同じように、Armの1.5GHzの「Cortex-A72」CPUやBluetooth 5.0、デュアル4Kモニターのサポート、最大8GBのLPDDR4 RAMなど、「PC風」のスペックを備える。

 Compute Module 4では、さまざまなRAM、フラッシュストレージ、およびワイヤレス接続のオプションが用意されており、その組み合わせは何と32通りに上る。価格は、1GBのRAMを搭載しワイヤレス接続をサポートしない「Lite」の25ドルから、8GBのRAM、32GBのフラッシュストレージ、ワイヤレス接続を搭載するモジュールの90ドルまで、さまざまだ。

 Raspberry Piの共同開発者であるEben Upton氏は、1GBのRAMを搭載しワイヤレス接続をサポートしない4種類のモデルの価格体系が「Raspberry Pi Compute Module 3+」の同等モデルと同じ(25ドル、30ドル、35ドル、40ドル)になることを認めた。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]