編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

マイクロソフト、データセンターのサーバー向けArmプロセッサーを独自開発か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-21 11:31

 Microsoftが自社データセンターのサーバー用にArmベースのプロセッサーを独自開発しているという。Bloombergが米国時間12月18日に報じた。また、一部の「Surface」でArmベースの別のチップを使用することを検討しているという。

 この動きは、Appleが自社製品にArmベースの「M1」プロセッサーを搭載したことに対抗するものだという見方もあるが、MicrosoftとQualcommは、初代「Surface Pro X」に搭載されたArmチップの設計でもパートナーシップを結んでおり、2代目のSurface Pro Xには、Qualcommと共同開発した「SQ2」が使用されている。

 むしろ筆者にとって興味深いのは、MicrosoftがArmベースのチップをサーバーに使用しようとしている点だ。同社はすでに、次世代クラウドのためのハードウェアを設計するプロジェクトである「Project Olympus」に、IntelやAMDのほかQualcommやCaviumとも共同で取り組んでおり、このプロジェクトの成果は「Open Compute Project」に提供されている。またMicrosoftは2017年、QualcommやCaviumを含む複数のArmメーカーと協力し、社内データセンター限定で「Windows Server」をArmベースのサーバーで動かそうとしていることを明らかにした

 筆者は当時、Microsoftの担当者に、Armで動作するWindows Serverを社外のパートナーや顧客に提供する予定があるのかを尋ねた。その際の回答は、この技術は社内利用に限定されたものであり、Armサーバーで運用する「Azure」サービスの評価が目的だというものだった。しかし同社は当時、Armサーバーは検索やインデックス作成、データベース、ビッグデータ、機械学習ワークロードなどの社内向けクラウドアプリケーションには十分だったと述べている。

 Microsoftの関係者にBloombergの報道について尋ねたところ、コーポレートコミュニケーション部門の責任者であるFrank Shaw氏から次のような回答が得られた。

 「シリコンは技術の基礎的な構成要素であり、当社は(プロセッサーの)設計、製造、ツールなどの分野の自社の能力に継続的に投資している一方、幅広いプロセッサーメーカーとのパートナーシップを強化している」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]