編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」
日本株展望

なぜ今、円高?--円高でも日本株が売られにくくなった2つの理由

ZDNet Japan Staff

2020-12-21 11:17

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 外国人の買いが減少、やや上値が重くなる日経平均
  2. なぜ今、円高?
  3. 円高でも、日本株が売られにくくなった2つの理由
  4. 日本株の投資方針

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

外国人の買いが減少、やや上値が重くなる日経平均

 先週の日経平均株価は、1週間(12月14~18日)で110円上昇し2万6763円となった。11月に比べると12月は上昇の勢いが落ちたが、それでも29年8カ月ぶりの高値圏で堅調に推移している。

 11月には、外国人投資家が2兆3802億円も日本株を買い越し(株式現物・日経平均先物の買越額合計)、日経平均を15%も急騰させた。12月に入ってから外国人の買いが減るに従って上値がやや重くなっている。

 以下、2020年の日経平均の動きと、外国人の売買動向(株式現物・日経平均先物の合計)をご覧いただきたい。

日経平均と外国人の売買動向(買越または売越額、株式現物と日経平均先物の合計):2020年1月6日~12月18日(外国人売買は12月11日まで)

注:東京証券取引所データより楽天証券経済研究所が作成。外国人の売買動向は、株式現物と日経平均先物の合計
注:東京証券取引所データより楽天証券経済研究所が作成。外国人の売買動向は、株式現物と日経平均先物の合計

 日本株の最大の買い手は日本銀行だが、それでも日経平均の値動きを決めているのは、日本銀行ではない。外国人投資家だ。外国人は、買う時は上値を追って買い、売る時は下値を叩いて売る傾向があるので、短期的な日経平均の動きはほとんど外国人によって決まる。

 日経平均が急騰する時や新高値を更新する時の買い主体は、いつも外国人だ(まれに例外あり)。反対に、日経平均が急落する時や新安値を更新する時の売り主体も、いつも外国人だ(まれに例外あり)。外国人が売れば下がり、買えば上がる傾向が、過去30年続いている。

 外国人投資家から見ると、日本株は「世界景気敏感株」だ。世界景気に不安が出ると、外国人は日経平均先物を即座に売ってくる。2020年はコロナ・ショックで外国人は日本株を大量に売った。

 ところが、不安が低下して投資家がリスクを取り始める時、外国人は日経平均先物に買いを入れる。11月に入って外国人が一転して日本株を大幅に買い越したのは、ワクチン開発の進展によって世界経済が正常化に向かう期待が出たことに反応したものだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]