編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

グーグル、新クラウドリージョンをチリ、ドイツ、サウジアラビアに

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-23 11:46

 Google Cloudは世界で拠点を拡大している。米国時間12月21日、新たなクラウドリージョンをチリ、ドイツ、サウジアラビアに開設すると発表した。

Google Cloud

 顧客データを国内にとどめておくことを要求するデータ主権に関する法律が世界各国で施行される中、ハイパースケールクラウドプロバイダーにとって新リージョンの追加は必要不可欠になってきている。またGoogle Cloudは2020年、同社のハイブリッドな、各業界向けのソリューションを強化してきた。

 Google Cloudは2020年、インドネシアのジャカルタ、米国のラスベガス、ソルトレイクシティ、韓国のソウルに新たなリージョンを開設した。さらにカタールのドーハ、マドリード、ミラノ、パリでも開設を予定している。

 ドイツに追加される新リージョンは、フランクフルトの既存データセンターを補完するものとなる。Googleはこれまでに、カーボンフットプリントを増大させることなく、データセンターを増やしていくと約束している。

 また、サウジアラビアの新たなクラウドリージョンでは、Saudi Aramcoの支援を受けた現地のリセラーがクラウドサービスを提供することになるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]