編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
PDF Report at ZDNet

仮想マシンとの一元管理でコンテナーが本格離陸

PDF Report@ZDNet

2020-12-25 07:00

 IDC Japanは5月、仮想化技術のコンテナーおよびKubernetesの日本企業での導入状況に関する最新の調査結果を発表した。

 コンテナーを本番環境で使用している企業は14.2%で、2019年の前回調査から5ポイント増加し、着実に導入が進んでいることを示す。「コンテナーを知らない」という回答は同20.9%から7.9%と大きく減少した。

 本番環境で導入を開始した企業には、新たな技術に保守的なイメージもある三井住友銀行や三菱UFJ銀行などのメガバンクも含まれる。デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するインフラ環境として、コンテナーの開発生産性、拡張性と可用性、低コスト性が広く認められてきている状況だ。

 コンテナー環境を提供する企業として、Amazon Web Services(AWS)、Google、Microsoft、IBM傘下でOpenShiftを提供するRed Hatなどが挙がる。ここで、今後導入が注目される製品がVMware Tanzuである。Tanzuは、コンテナーの管理ツールのデファクトであるKubernetesの新しい提供形態という位置づけである。特徴は、コンテナーと仮想マシンを一元管理できることだ。

 多くの日本企業が、これまで仮想マシン上にERP(統合基幹業務システム)などさまざまなIT資産を保持している。Tanzuにより、そこから生まれるデータを活用し、DXを実現するアプリケーションをコンテナーで構築するといった使い方が可能になってくる。

 いわゆるSystems of Record(SoR)とSystems of Engagement(SoE)を一元利用できるシステムといえ、実用性が高い。導入が進むコンテナーについての記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]