編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ISIDら、横浜で市民参加型合意形成プラットフォーム「Decidim」を実証

NO BUDGET

2021-01-05 07:00

 電通国際情報サービス(ISID)のオープンイノベーションラボ(イノラボ)は、ITID、横浜みなとみらい21と共同で、多様な市民の声を拾い上げ、政策に反映させるデジタル基盤「Decidim(ディシディム)」の実証実験を実施している。期間は2020年12月~2021年3月を予定しており、横浜市内で行っている。

 Decidimは、スマートシティーの取り組みで先行するスペイン・バルセロナ市など欧州を中心に幅広く利用されているという。イノラボは同基盤の日本市場向けローカライズを行い、合意形成プロセスデザインの確立と有用性の検証を目指している。

 同実証実験は、企業の研究開発拠点やスタートアップ、大学などが続々と進出し、イノベーションエリアの環境づくりに取り組んでいる、横浜都心臨海部(横浜駅〜みなとみらい21〜関内周辺地区)において実施する。同エリアをハブとして横浜内外における「イノベーション創出に向けた民間主体の取り組み」を決定するための合意形成手法として、Decidimを試験的に利用する。

検証の流れ(出典:ISID)
検証の流れ(出典:ISID)

 同基盤における議論は「施策に対する意見収集」「意見の整理、構造化、妥当性検討」「検討案の内容と実施優先度に対する合意形成」という3つのフェーズで構成され、各フェーズにおける議論に対する支持率をはじめとする各種指標も参考にしながら進める。

 検証のポイントは、Decidimの活用で多くの参加者が議論に参加できたか/意見を集約することができたかどうか、議論の透明性担保や多様な参加手段の提供が参加者のシティーエンゲージメント(街に対する思い入れ)の向上に寄与したかといったことがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]