編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

バイデン政権移行チーム、オープンソース分野で実績を持つD・リコードン氏を技術ディレクターに

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-06 12:07

 Joe Biden次期大統領の政権移行チームは、「OpenID」や「OAuth」の提唱者の1人であるDavid Recordon氏をホワイトハウスのテクノロジー担当ディレクターに指名したことを発表した。Recordon氏は、直近ではFacebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏と妻Priscilla Chan氏が設立した慈善団体「Chan Zuckerberg Initiative」のインフラストラクチャーおよびセキュリティ担当バイスプレジデントを務めている。

 それ以前には、Facebookのエンジニアディレクターを務めた経歴を持つ。同社のオープンソースイニシアチブやプロジェクトの指揮を執っていた。これには、Facebookが自社の開発作業で使用していたコードレビューなどが可能なウェブアプリスイート「Phabricator」も含まれている。さらに、オープンソースの分散データベース管理システム「Cassandra」や、「HipHop」「Apache Thrift」に関する取り組みも主導した。つまり、Recordon氏はプログラマーであると同時に、オープンソースを知り尽くしたマネージャーでもある。

 Recordon氏は公立の小学校でプログラミングを学んだ。Biden-Harris政権移行チームによると、Recordon氏はテクノロジーやセキュリティ、オープンソースソフトウェア、公共サービス、慈善活動などが関わる分野で20年近くのキャリアを費やしてきた

 Recordon氏はLinkedInへの投稿で、新しいポジションで直面するさまざまな課題を楽しみにしていると述べた。「パンデミックや現在も続くサイバーセキュリティ攻撃は大統領府全体に新たな課題を突きつけているが、これらのチームが協力すれば、安全かつセキュリティに配慮した方法でそれらの問題を克服できるはずだ」(同氏)

 Recordon氏は過去にもホワイトハウスで働いた経歴がある。Barack Obama政権時代に、初代ホワイトハウス情報技術担当ディレクターを務め、同氏のチームはITのモダナイゼーションやサイバーセキュリティ対策などの問題を主導した。さらに、Biden-Harris政権移行チームの副最高技術責任者(CTO)となっている。

 Recordon氏は大きな課題に直面するだろう。Donald Trump政権のテクノロジーや科学への対応を見直し、大統領府のテクノロジー基盤を再構築する必要があるかもしれない。ネット中立性や巨大テクノロジー企業の規制、ブロードバンドの拡大といったテクノロジーの問題、さらに顔認識や人工知能(AI)、予測分析などの次世代テクノロジーに政権がどう対応するかということについても支えていく必要があるだろう

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]