編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

インテル、顔認証向けの「RealSense ID」発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-01-07 13:40

 Intelは米国時間1月6日、顔認証用のオンデバイスソリューション「RealSense ID」を発表した。Intelによると、RealSense IDはセキュアで正確、そしてユーザーを意識した顔認証を提供するために開発された専用のニューラルネットワークと、アクティブ深度センサーを組み合わせたカメラシステムだ。POSシステム、ATM、キオスク端末などの機器で利用できる。

Intel RealSense ID

 2014年に登場したRealSenseの3D技術は、カメラを使って奥行きを測定し、コンピューターシステムが表情やジェスチャーを読み取れるようにする。最新のRealSense IDシステムは、小売業やセキュアなアクセス制御などの場で使いやすくなるよう、このコア技術をパッケージ化している。

 顔認識システムについては議論が高まっており、反対派は顔認識によってGeorge Orwellが描く世界のような監視とプライバシー侵害が現実のものになる可能性などをたびたび問題視している。IntelはRealSense IDについて、「プライバシードリブンでユーザー保護を目的に開発された」システムだと説明している。

 Intelによると、RealSense IDには写真、動画、マスクなどを使った不正侵入の試みをブロックするスプーフィング(なりすまし)防止技術が組み込まれており、誤認識率は100万分の1だ。また、RealSense IDは顔画像の処理をすべてローカルで実行し、ユーザーデータをすべて暗号化するという。

 Intelは、「また、このソリューションはユーザーが認識している場合のみアクティブになり、登録済みのユーザーが促さなければ認証は行われない」とし、「Intelのあらゆる技術と同じく、RealSenseの倫理的な利用と人権保護が確証されるよう努めている」と説明している。

 RealSense IDは最低価格が99ドル(約1万200円)で、2021年第1四半期に提供されるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]