編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
日本株展望

ガチホ投資戦略--米国株の月3万円積立、時間分散効果がすごい

ZDNet Japan Staff

2021-01-08 12:13

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. コロナ危機が生み出した過剰流動性が株高の主因
  2. 米国市場の予想ROEは国際比較で最高水準
  3. 米国株のパフォーマンスは、日本株より圧倒的に優秀
  4. 「ガチホ投資戦略」は米国株式の長期時間分散投資

 これら4点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

コロナ危機が生み出した過剰流動性が株高の主因

 新年が皆さまにとり実り多いことをお祈りする。2020年はコロナ危機の混乱を経て世界株高で終わった。「実体経済が停滞するなかでの株高はバブルだ」との懐疑的な見方を横目に、米国の主要株価指数や世界株価指数は史上最高値を更新。株高のエンジン役として注目されているのが過剰流動性だ。

 図表1は、世界の取引所時価総額と主要12カ国(地域)マネーサプライ総額(M2)の推移を示したものだ。株式が景気や業績の変動だけでなく、市中に出回る貨幣供給量の増減から影響を受けてきたことが分かる。

 2020年春以降、各国の中央銀行と政府は雇用と企業の資金繰りを支えるため、大規模な金融緩和と資金供給策を実施。主要国のマネーサプライ総額は2020年だけで約14兆3000億ドル(約1473兆円)増加した。

 余剰マネーが世界株式市場、商品市場、仮想通貨(ビットコイン)などに流入している。特に世界の取引所時価総額は12月末時点で約103兆2000億ドル(約1京630兆円)に増加。潤沢な流動性が株価押し上げに寄与したことが分かる。

 昨春以降は、「中央銀行に逆らうな」「国策に売りなし」「不景気の株高」といった古くからの相場格言を再認識させる相場となった。コロナ禍が収束しない限り(コロナ禍だからこそ)、当面も潤沢な流動性が世界株式の底堅いトレンドを支える可能性がある。

<図表1:過剰流動性が世界株高をけん引>

出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2016年初~2020年12月末)
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2016年初~2020年12月末)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]