編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
日本株展望

日本株、誰が買い、誰が売る?--日本株の需給をプロが分析

ZDNet Japan Staff

2021-01-13 11:31

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 外国人が買えば上がり、売れば下がる日本株
  2. 買い手として、日本銀行の存在がどんどん大きくなっている
  3. 需給面で最も注目される主体は、外国人で変わらず

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

外国人が買えば上がり、売れば下がる日本株

 2020年は11月以降、日経平均株価が急騰したが、外国人投資家の買いで上昇したことが分かっている。12月は外国人の買いが減少したので、日経平均の上値は重くなったが、12月最終週(12月28~30日)に外国人の買いが再び増加すると、日経平均は大きく上昇した。

 年初の1週間(1月4~8日)の日経平均は大幅に続伸した。外国人の買いが続いていたと考えられる。ところが、1月12日の日経平均は25円高の2万8164円と小動きだった。外国人の買いが減少したと考えられる。

 それでは今後、日経平均は上値が重くなるのだろうか、あるいは、さらに上値をとっていくのだろうか?外国人の買いが減少すれば上値が重くなるし、外国人の大幅買い越しが続けば、上値を取っていくことになるだろう。

 要するに、いつもお伝えしている通り、日本株は上がるも下がるも外国人次第ということだ。外国人は、買う時は上値を追って買い、売る時は下値を叩いて売る傾向があるので、短期的な日経平均の動きはほとんど外国人によって決まる。

日経平均と外国人の売買動向(買越または売越額、株式現物と日経平均先物の合計):2020年1月6日~2021年1月12日(外国人売買動向は2020年12月30日まで)


日経平均と外国人の売買動向(買越または売越額、株式現物と日経平均先物の合計):2018年1月4日~2019年12月30日

出所:上の2つとも、東証データより楽天証券経済研究所が作成 注:外国人売買で、棒グラフが上(プラス方向)に伸びているのは買越、下(マイナス方向)に伸びているのは売越を示す
出所:上の2つとも、東証データより楽天証券経済研究所が作成 注:外国人売買で、棒グラフが上(プラス方向)に伸びているのは買越、下(マイナス方向)に伸びているのは売越を示す

 このように外国人が日本株を動かす状態が、30年間、続いている。つまり、1990年以降、日本株は外国人が動かすようになった。1989年12月に日経平均が史上最高値3万8915円をつけるまでの上昇相場では、日本人が日本株を動かしていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]