月桂冠、日本酒の飲みくらべを推奨するAI診断アプリ--オージス総研と共同開発

NO BUDGET

2021-01-13 17:15

 月桂冠は、オージス総研と共同で日本酒の飲みくらべを推奨するAI(人工知能)診断アプリ「サケクラ」を開発した。

 このアプリは利用者が日頃の酒との関わりなどについての3つの質問に答えることで、AIにより診断された飲みくらべにお勧めの日本酒2種類の組み合わせを提案する。オージス総研が提供する「行動観察」手法を用いて洞察した利用者のニーズをもとにして、AI技術の活用を含めたアプリの企画デザイン・開発(UXデザイン、システムおよび機械学習によるモデリングの設計)を進めて完成させた。

アプリを利用しているところ
アプリを利用しているところ

 月桂冠は「月桂冠大倉記念館」(京都市伏見区)の売店で、2020年9月に18日間かけて実証実験を実施、アプリ体験の有無やアプリが提案したお勧めの日本酒と、顧客が実際に購入した商品とを比較し、アプリ体験と顧客の日本酒選びとの相関を検証した。

 その結果、アプリを利用することで、日本酒の飲みくらべを知るきっかけとなり、さまざまな日本酒を楽しむ機会の提供に資することが分かった。

 AI診断で導き出された商品の購入率は5倍、飲みくらべ2種類のセット購入率は10倍となり、また、アプリを利用しない人と比較して顧客ごとの購入金額は1.2倍となった。さらにアプリを体験した人からは、「自分では目に付かなかった商品をお勧めされて、興味が出た」「普段あまり日本酒は飲まないが、友人と1本ずつ購入して一緒に飲みくらべたい」などの声が寄せられたという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]