編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

NEC、生体認証とIDの連携サービスを開始--社内実践を商用化

ZDNet Japan Staff

2021-01-14 12:13

 NECは1月14日、生体認証とID連携を一体化するクラウドサービス「Digital ID プラットフォーム」を4月からオフィスビルや複合商業施設などに提供すると発表した。入退室管理や商品の購入決済などをシームレス化するもので、同社が2020年7月から社内導入しているデジタルオフィス実証のノウハウを商用化した。

 同サービスでは、顔認証などの生体認証を鍵とし、ユーザー本人にひもづく各種IDを連携することで、異なる複数のサービスやソリューションを安全でシームレスにつなぐ。従来のシステム構築に比べて迅速かつ安価にこうした仕組みを展開できるという。

 同社は、2020年7月から本社ビル(東京・港区)で入退管理やPCのログイン、ロッカーや複合機の利用、自動販売機や店舗、食堂利用などにこのプラットフォームを適用する実証を進めてきた。2021年度からはこのプラットフォームに接続できる検証環境も提供し、専任メンバーが要件の洗い出しから導入までをワンストップで行うという。

 利用料は月額50万円からで、同社では2023年度末までに累計150億円の売り上げを計画している。

サービスイメージ
サービスイメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]