編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

サイバー攻撃で不正にアクセスされたコロナワクチン情報の一部が流出--欧州医薬品庁

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-01-14 14:31

 欧州連合(EU)の医薬品規制当局である欧州医薬品庁(EMA)は、同庁を標的としたサイバー攻撃で、ハッカーが不正にアクセスした新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンに関する情報が流出したことを明らかにした。

 EMAに対する攻撃は2020年12月に公表され、EMAは調査が継続中だとしていた。

 EMAは現地時間1月12日、声明で次のように説明した。「EMAへのサイバー攻撃について進められている調査から、不正アクセスを受けた、COVID-19の治療薬やワクチンに関連する第三者所有の文書の一部がインターネットに流出していることが明らかになった。法執行機関が必要な措置を取っている」

 「EMAは引き続き、データへの不正アクセスに関する犯罪捜査に全面的に協力し、文書や個人データが不正にアクセスされた可能性がある組織や個人に通知する」(EMA)

 EMAの業務や欧州の医薬品規制ネットワークは不正アクセスの影響を受けておらず、新型コロナウイルスワクチンの承認や流通には影響しないという。

 EMAは12月、ハッカーは特定のITアプリケーションに侵入して情報にアクセスしたとしていた。また、攻撃者は新型コロナウイルス感染症の治療薬やワクチンに関連するデータを狙っていたと明らかにした。攻撃に関する調査は、現在も続いている。

 新型コロナウイルスワクチンの開発や流通に関連する製薬企業や組織はこれまでにもハッカーの標的となっている。英国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)は以前、大学や科学施設が、国家の支援を受けて研究データへのアクセスを試みるハッカー集団の標的になっている可能性があると警告していた。

 Microsoftも11月、ロシアと北朝鮮のハッカーが新型コロナウイルスワクチンを製造する製薬会社などを標的にしているとして注意喚起した。世界保健機関(WHO)は4月、WHOに関連するサイバー攻撃が増加しているとしていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]