編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

マイクロソフトの「Azure」マーケティング担当幹部ジュリア・ホワイト氏がSAPに移籍へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-18 11:27

 Microsoftで「Microsoft Azure」や開発ツール、サーバー向けの製品マーケティング担当コーポレートバイスプレジデントを務めているJulia White氏が同社を離れ、SAPの取締役会に加わる。SAPが米国時間1月15日に発表した。

Julia White氏
Julia White氏
提供:Microsoft

 White氏は20年近くMicrosoftに在籍している。同氏は、「Windows Server」部門の製品マネージャーとしてMicrosoftに加わった。その後、Microsoft Office部門で「Office 365」の製品マーケティングを担当し、Microsoftの重要なイベントでのデモなどで良く知られるようになった。ここ5年ほどはAzureの製品マーケティングの指揮をとっていた。

 White氏は最高マーケティングおよびソリューション責任者としてSAPの役員になる。MicrosoftはWhite氏の後任探しを実施すると広報担当者は明らかにした。Azure Data、人工知能(AI)およびエッジ担当バイスプレジデントのJohn "JG" Chirapurath氏が暫定マーケティング責任者となる。

 11日にはMicrosoftのコーポレートバイスプレジデントBrad Anderson氏が退職し、Qualtricsへ移籍することを発表した。エクスペリエンスマネジメントを手掛けるQualtricsはユタ州を拠点とするSAP傘下の企業で、12月28日に新規株式公開(IPO)の申請書類を米証券取引委員会(SEC)に提出している

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]