編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

KADOKAWA、「ところざわサクラタウン」で大規模無線LANを構築

ZDNet Japan Staff

2021-01-20 11:55

 KADOKAWAは、埼玉県所沢市に建設した大規模複合施設「ところざわサクラタウン」で、HPE Arubaによる大規模な無線LAN環境を構築した。日本ヒューレット・パッカードが発表した。

 ところざわサクラタウンは、KADOKAWAと所沢市の共同プロジェクトで整備された日本初のコンテンツモール。ホテルやミュージアム、イベントホール設備、オフィス、製造物流など機能を擁する。無線LAN環境は屋内外とも4K動画も可能とすべく、マルチギガビットの超低遅延を特徴とする。「EJアニメホテル」では、客室で滞在者の体験生を高めるIoT環境としても整備された。

 ネットワークの設計や構築はKADOKAWA Connectedが手掛けた。ここでは、(1)柔軟に変更可能、(2)超過密な端末収容、(3)低遅延・広帯域、(4)高いSLA――をコンセプトに、Wi-Fi6対応やマルチベンダー、屋内外の高密度環境化でのネットワークの信頼性、コストパフォーマンスなどを要件に定めたという。

 製品選定では、マルチベンダー環境の拡張性や既存インフラ資産の活用、内製化への技術支援の充実さが決め手になりHPE Arubaを採用したとする。今回のシステムは、コントローラーをクラスター化し一元管理する「Aruba Mobility Conductor」、統合認証基盤「Aruba ClearPass」、ネットワーク稼働状況ダッシュボード「Aruba AirWave」、アクセスポイント「Aruba 500H」などで構成される。

構成イメージ
構成イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]