編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Backlogの使い方(2)--ファイルやドキュメントをチームで共有、管理する - (page 3)

鍋島理人 (Innerstudio)

2021-01-27 07:15

Backlogのファイル vs クラウドストレージ

 Backlogのファイル機能を使う最大のメリットは、タスク管理と同じ場所でファイルを管理できることだ。業務やプロジェクトに必要なファイルを集約しておけるので、探しやすくなるだけでなく、ファイルの散逸を防ぐことができる。

 しかし、Google DriveやDropboxをはじめとするクラウドストレージは、一般的にBacklogのファイル共有よりも優れた検索性やファイル保護機能を持っている。例えば、Backlogのファイル検索はタイトルのみだが、クラウドストレージの場合は内容も含めて検索できることが多い。またBacklogでファイルを上書きした場合は、Wikiとは異なり、過去のバージョンを保持しない。一方、一般的なクラウドストレージは、ファイルの履歴も保持して、誤って上書きした場合に過去のバージョンに戻すことが可能だ。

 すなわち、Backlogのファイル共有に適しているのは、チームメンバーが頻繁に使用し、かつ一時的な利用が多いものだ。それ以外のファイルについてはクラウドストレージに置き、URLベースで必要なときに共有するのが良いだろう。

タスクの処理にはコミュニケーションが伴う

 ここまで、Backlogによる情報共有機能について紹介してきた。タスクそのものの管理、タスクに付随する情報に加えて重要なのが、コミュニケーションだ。なぜなら、タスク処理には、相談、報告、承認など必ず何らかのコミュニケーションが伴うものだからだ。次回は、Backlogでタスクの処理に関わるコミュニケーションを行う機能について紹介する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]