編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「Google Cloud」の小売業者向け新ソリューション、オンラインショッピングの検索やおすすめ強化

Tiernan Ray (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-20 12:11

 Google Cloudは米国時間1月19日、小売業者を支援する「Product Discovery Solutions for Retail」を発表した。小売業者はシームレスな検索、おすすめ機能を導入し、カスタマーエンゲージメントを向上したり、小売業者のデジタル資産全体で会話を改善することができる。

Product Discovery Solutions for Retail
Product Discovery Solutions for Retail

 このスイートで提供される「Vision API Product Search」と「Recommendations AI」は、一般提供(GA)を開始している。「Cloud Search for Retail」はプライベートプレビューとなっている。

 Vision API Product Searchを利用することで、顧客は画像のある商品を検索した際に、その画像とデザインが似ている商品、あるいは概念的に類似する商品群のランク付けされた結果を受け取ることができる。Vision Product Searchは機械学習(ML)技術を活用したオブジェクト認識機能を利用する。

 Recommendations AIは、高度にパーソナライズされた商品のおすすめをチャネル全体で大規模に提示できるようにする。Googleは「顧客の購買履歴をまとめることで、カスタマイズされたかたちでおすすめの商品を提示できるようにする」と説明している。

 Vision API Product Searchの料金は、クエリーと画像管理の月間使用量をベースにしたものとなっており、最初の1000枚まで無料、1001〜500万枚まで4.5ドル(約470円)/1000枚となっている。また、画像のストレージ価格は、最初の1000枚まで無料、1001〜500万枚まで10セント(約10円)/1000枚となっている。

 Recommendations AIの価格は、予測リクエスト数をベースにしたものとなっており、最初の2000万回については27セント(約28円)/1000予測リクエストで、それ以降の単価は低くなる。レコメンデーションモデルの訓練とチューニングに対するコストは、Google Cloud上でノードあたり2.5ドル(約260円)/時間となっている。

 なお、Google Cloudのコストが一部追加で発生する場合もある。

 Cloud Search for Retailは、顧客の意図、検索のコンテキストをGoogleが深く理解して引き出し、「ウェブサイトとモバイルアプリケーションに組み込むことができる質の高い商品検索機能」を小売業者に提供する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]