編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ロジクール、オンライン会議新製品--PCレスで利用、ZoomやTeamsをバンドル - (page 2)

阿久津良和

2021-01-21 06:45

 これまでロジクールは小会議室向けの「MEETUP」、大会議室用の「Rally Plus」といったオンライン会議製品を提供してきたが、コロナ禍による対面会議の難しさからか、対昨年比3倍の成長を遂げたという。

 その理由についてロジクール 執行役員 法人事業本部長 野村宜伸氏は「MEETUPとRally Plusが牽引してきたが、(3倍の成長率は)満足するレベルではない。日本市場は9割以上(のオンライン会議システム未導入の企業が)残っている。まだまだ成長できる分野」だと説明する。

ロジクール 執行役員 法人事業本部長 野村宜伸氏
ロジクール 執行役員 法人事業本部長 野村宜伸氏

 また、Rally Plusの導入は「配線が少々複雑で、国内顧客のレイアウト変更要望に対して柔軟性が乏しかった」(野村氏)ことから、中会議室での利用を想定したRally BarとRally Miniの日本市場投入に至った。

 Rally Barは横910mmに対して、Rally Bar Miniは横719mmと一回り小型。基本性能は共通しており、両者とも1秒間30フレームの4Kカメラを備えるが、Rally Barは15倍ズーム、Rally Bar Miniは4倍ズームとなる。

 また、Rally BarとRally Bar Miniは、会議室内の明かりや色バランスを自動調整する技術である「RightLight」、雑音を抑制して音声の明瞭度を高める技術「RightSound」、会議室内の状態を持続的に認識し、人数を検出して参加者全員を自動的にフレーム内に収める「RightSight」を用いた「AIビューファインダー」をサポートしている。

 デモンストレーションでは、他社同種の製品やサービスと比較しても遜色なく登壇者の移動に追従していた。ロジクールでは一連の技術を「RightSense」と称している。

Logitech International シニアディレクター Simon Dudley氏
Logitech International シニアディレクター Simon Dudley氏

 左右に分かれるステレオスピーカーは独立させ、他の構造から分離した設計を採用。マイクも共通する性能を持ち、Logitech International シニアディレクターのSimon Dudley氏は「6本の無指向性デジタルMEMSマイクで、5つのアダプティブ音響ブロードサイドビームを作る高い指向性を実現。マイクの範囲は4.5メートルだが、アドオンマイクを机上や天井に設置するとよい」と説明した。なお、Rally Barは最大3台、Rally Bar Miniは最大2台までの追加マイクをサポートする。

 アプライアンスとPCバンドルの相違点だが、アプライアンスはAndroidベースのロジクールTAPを使用し、PCバンドルは「(Rally Barが)コンピュートを内蔵しているため、PCを用意せずに単体で完結する」(ロジクール法人事業本部 マーケティング部 部長 横山大介氏)

 ただし、PCバンドルの方が高性能で、アプライアンスは1画面720pにとどまるが、PCバンドルは2画面フルHDに対応。Rally BarとRally Bar Miniはオンライン会議としてZoomとTeamsをサポートしているが、前者はZoom Roomアカウント、後者はTeams Roomsアカウントが別途必要となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]