編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

クラウドセキュリティ、日本はネットワークやCASBを重視--トレンドマイクロ調査

ZDNet Japan Staff

2021-01-25 06:00

 トレンドマイクロは、法人組織の「クラウド利用に関する実態調査 2021」の結果を発表した。日本と世界で重視するセキュリティソリューションに違いがあるなどの状況が分かった。

 調査は、2020年10月に世界28カ国・地域のIT部門責任者2565人にアンケートしたもの。日本では100人が答えた。

 まず新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、クラウドの利用計画が加速(非常に加速、やや加速したの合計)したとする回答者は、世界では87.2%、日本は28カ国・地域中最低の78.0%だった。加速していないとの回答は、世界では9.2%、日本では17.0%に上る。

新型コロナウイルスの感染拡大により、クラウドの利用計画はどのように加速しましたか?(出典:トレンドマイクロ)
新型コロナウイルスの感染拡大により、クラウドの利用計画はどのように加速しましたか?(出典:トレンドマイクロ)

 クラウドをビジネスで積極的に活用する上での障壁は、「プライバシー/セキュリティ」(45.0%)や「データの統合」(40.8%)が上位に挙がった。また、クラウドのワークロードを保護する上で最大の懸念について(上位3つを選択)は、「一貫したセキュリティポリシーの設定と継続」(34.5%)、「パッチ適用と脆弱性管理」(33.3%)、「トラフィックフローの保護」(33.3%)の順に多い。

クラウドのワークロードを保護する上で最大の懸念は何ですか? 最大三つまで選択してください(出典:トレンドマイクロ)
クラウドのワークロードを保護する上で最大の懸念は何ですか? 最大三つまで選択してください(出典:トレンドマイクロ)

 クラウド環境の最重要とするセキュリティソリューションは、世界では「ネットワークセキュリティ」(27.6%)や「クラウドセキュリティポスチャー(CSPM)管理」(26.2%)「クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)」(18.9%)が多いのに対し、日本では「ネットワークセキュリティ」(30.0%)、「CASB」(22.0%)、「コンテナーセキュリティ」(21.0%)が挙がった。

クラウド環境を保護するために最も重要なセキュリティソリューションはどのようなものだと思いますか?(出典:トレンドマイクロ)
クラウド環境を保護するために最も重要なセキュリティソリューションはどのようなものだと思いますか?(出典:トレンドマイクロ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]