編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
松岡功の一言もの申す

マイクロソフトとSAPの提携強化がもたらす新たな市場競争とは

松岡功

2021-01-28 10:43

 MicrosoftとSAPが提携関係を強化し、ウェブ会議ツール「Microsoft Teams」をSAPの業務アプリケーションに統合していくことを表明した。これを機に、ウェブ会議ツールや業務アプリケーションによるSaaS(Software as a Service)市場の競争が激化しそうだ。

業務アプリケーションによるSaaS市場を両社でリード

 両社が今回の発表を行ったのは、米国時間の2021年1月22日。本サイトでは外電の記事が掲載されたが、日本ではメディアへの露出が少なかったようだ(図1参照)。

図1:MicrosoftとSAPが提携強化を発表(出典:Microsoftサイト)
図1:MicrosoftとSAPが提携強化を発表(出典:Microsoftサイト)

 両社の提携関係は、およそ10年にわたってたびたび強化が図られてきたので、今となってはあまり注目されなくなってきている面もあるかもしれないが、今回の内容は市場競争の観点から興味深いものだった。

 というのは、特にMiocrosoftにとって今回の動きは、多くの顧客が利用するSAPの業務アプリケーションにMicrosoft Teamsを組み込む形にすることで、ウェブ会議ツールの市場シェア拡大に向けて大きく前進するとみられるからだ。

 まずは、今回の発表に向けた両社の最高経営責任者(CEO)の発言を紹介しておこう。

 「SAPのソリューションポートフォリオ全体にMicrosoft Teamsを統合することで、お客さまの業務のコラボレーションを一段と高いレベルに引き上げることができる」(SAP CEOのChristain Klein氏)

 「Microsoft TeamsのパワーをSAPのソリューションと組み合わせることで、クラウドの活用を一層促進し、お客さまのデジタルトランスフォーメーションを支援していきたい」(Microsoft CEOのSatya Nadella氏)

 いずれもSAPの業務アプリケーションにMicrosoft Teamsを統合することのユーザーメリットを強調している。両社の長年にわたる提携強化は、今後の業務アプリケーションによるSaaS市場を両社でリードしていきたいという意欲の表れとも見て取れる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]