編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

SAPが「RISE with SAP」発表--サービスとしてのビジネストランスフォーメーション

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-28 17:14

 SAPはシンプルな契約と「サービスとしてのビジネス変革」(Business Transformation as a Service)の提供を通じて、より多くの顧客をクラウドに移行させていく考えだ。

 SAPの最高経営責任者(CEO)Christian Klein氏によれば、ビジネス変革は今やすべての企業が取り組むべき課題であり、SAPは新サービス「RISE with SAP」を通じて、ビジネス変革に必要なものをワンストップで提供していく。「インテリジェントエンタープライズへの変革が今ほど重要になったことはない」とKlein氏は言う。SAPは、ビジネスプロセスインテリジェンスの専門企業Signavioの買収計画も明らかにした。

 SAPはインテリジェントエンタープライズへと変革する企業のための「コンシェルジュ」として、サービス品質保証(SLA)、運用、サポートなどを1つの契約で管理できるようにすることを目指す。

 S/4HANAの最高執行責任者(COO)でSAPのProduct Successチームを統括するSven Denecken氏は、「RISE with SAPはゲームチェンジャーになるとみている」と言う。RISE with SAPは顧客との契約を一本化し、サブスクリプションモデルを提供していく。これにはテクノロジー以外のサービスも含まれる。これまではインテグレーターやパートナーに託してきた機能も部分的に自社で提供していく考えだ。

 RISE with SAPは顧客をクラウドへと移行させる広範な計画に向けた最初の一歩だ。同社は2020年10月、単一のデータモデルへの移行と、顧客との契約をラインセンスモデルからクラウドサブスクリプションモデルに積極的に転換する大規模な計画を明らかにした。SAPの第4四半期の業績は当初の予測を上回るものとなりそうだ。

RISE with SAP

 RISE with SAPの主な内容は以下のとおり。

  • ビジネスプロセスの再設計。ビジネスプロセスインテリジェンスは、SAPのビジネスモデルと、25業種40万社超と協業した中で得られた専門性がベースとなる。ビジネスプロセスの成果の分析、業界標準と照らし合わせた評価を行い、これらを新たなビジネスの要求に容易に適応できる。SAPのワークフロー、ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)、人工知能(AI)サービスと直接連携することで、ビジネスプロセスにインテリジェンスを組み込める。
  • 複数のプロバイダーを介したクラウド移行のためのツールと技術移行サービスを提供。
  • SAP Business Technology Platformが企業全体の単一のセマンティックなデータレイヤーを提供し、全体的なビジネストランスフォーメーションの基盤を提供。
  • オンプレミス、クラウド、非SAPのシステムとの統合を支援する2200超のAPIにアクセス可能。
  • SAPのソリューションを拡張できるローコード、ノーコード機能が得られる。
  • SAP S/4HANA Cloudには組み込み型のAI、RPA、高度なアナリティクスと柔軟なデプロイオプションがある。
  • SAPのサプライヤー、ロジスティクス、アセットインテリジェンスネットワークなどのビジネスネットワークに統合されたアクセスが提供され、企業は完全なサプライチェーンを管理し、市場の状況の変化に素早く反応できるようになる。

 Denecken氏によれば、RISE with SAPには複数のパートナーが関与している。パブリッククラウドの4大プロバイダー(Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud、Alibaba)とも連携しているが、インフラは抽象化される。RISE with SAPの発表には他のパートナーとともにMicrosoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏も参加した。SiemensやLiveKindlyもKlein氏とともに登壇した。

RISE with SAP

 RISE with SAPは、SAPが顧客関係の管理を強化し、「ビジネス変革」という切り口によって、顧客と長期的なエンゲージメントを築くことを可能にする。一本化された契約の下で、SAPがテクノロジーを管理し、さまざまな関連サービスを提供する。Denecken氏は「クライアントによってビジネス変革の道筋は異なるが、継続的に支援していきたい」と説明した。

 SAPによると、すでに100を超える企業がRISE with SAPモデルで事業を展開しているという。パートナーのサービスはRISE with SAPに組み込まれている場合と、エコシステムを形成している場合がある。

まとめ

  • SAPは顧客ベースをクラウドとサブスクリプションモデルに移行させる大規模な計画を明らかにしており、RISE with SAPはその最初の具体的な動きとなる。
  • 既存の顧客はサブスクリプションモデルへの移行に価値を見出すかもしれないが、SAPはデジタルビジネス変革による価値を提供するというプレッシャーを担う。
  • SAPの多彩なネットワークへの接続がはじめから組み込まれている。
  • 最終的には、RISE with SAPは顧客に利益をもたらす可能性が高い。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]