編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「Windows 10」新プレビュー、タッチキーボードを改善

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-29 12:37

 Microsoftは、コンバーチブル型PCなどの「Windows 10」のタッチキーボードで、新しいデザインをテスト中だ。小型キーボードや分割キーボードのレイアウトなどを改善している。

 これらの改善は、同社が2020年9月に「Windows Insider Program」のDevチャネルでキーボードのデザイン変更を行ったことに続くものだ。9月は新しいキーのサイズやレイアウトを用意したほか、機能の見つけやすさと使いやすさを向上させていた。

 最新のキーボードのアップデートは、Devチャネルで「Windows 10 Insider Preview build 21301」(RS_PRERELEASE)のユーザーにロールアウトされる。

 物理キーボードを切り離すと、Windows 10は小型キーボードのレイアウトに切り替わる。キーボード上部にある「グリッパー領域」を使って、キーボードを画面内で移動できる。

 小型キーボードと分割キーボードでは、デフォルトのレイアウトに合わせてシンボルビューをアップデートした。また、設定メニューをネスト化して、視覚的にすっきりさせた。

 新しいパスワードフィードバックアイコンもテスト中だ。これはスペースバーの左にあるアイコンで、パスワード入力時に有効になる。ユーザーが「パスワードフィールドに入力時に、タッチキーボードで視覚的なフィードバックが欲しい」場合に役立つという。

 12インチ以上のディスプレイを搭載したPCの場合、タッチスクリーンのキーボードは[ESC]、[Tab]、[Windows]キーを備えた、従来のレイアウトに近いものになっている。

 同社は、入力予測候補のデザインについても改善中だ。現行版は雑然としていて、分かりづらいという声が寄せられていたためだ。

 候補を最大5つに絞り、キーボードの中央に表示するシステムを試している。この新しいデザインは2月の第1週からWindows Insidersにロールアウトされるが、まずは一部ユーザーに限定されるようだ。

 また、Windows 10のスペルチェックと入力予測を改善するために、バックエンドの辞書の更新にも取組んでいる。

 このビルドでは、特定の条件下でタスクバーの新機能「News and Interests」(ニュースと関心)を最初に起動すると、CPUを100%消費するバグなども修正した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]