編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

NEC、PC新モデル18種類--受話音量の均一化を追加、オンライン会議対応を強化

藤代格 (編集部)

2021-02-04 06:45

 NECは2月2日、ビジネス/教育向けPCの新モデル18種類を発表した。バッテリーを強化しつつ、第11世代CPU「Tiger Lake」、ケーブルを集約できるUSB Type-C端子、セキュリティを強化できるIRカメラや指紋センサーなどの対応機種を拡充。CPUやOS、ソリッドステートドライブ(SSD)などが異なる58タイプを選択可能で、オフィスと在宅の併用といったニューノーマル(新常態)な働き方を支援するという。2月8日から順次発売する。

ノートPCは13種類--異なる声量出力を均一化

モバイルノートは3種類を発売(出典:NEC) モバイルノートは3種類を発売(出典:NEC)
※クリックすると拡大画像が見られます

 ノートPC「VersaPro」シリーズからは、モバイルノートとして13.3型ワイドの「UltraLite タイプVG」、企業向けプロセッサー「vPro」対応の「VB」、12.5型ワイドの「VC」の3種類。

 ビジネスノートとして14型の「タイプVM」、15.6型でvProや近距離無線通信(NFC)に対応できる「VD」、指紋センサー付きの「VX」、エントリーモデルの「VA」、テンキー付きで光学ドライブ内蔵の「VE」の5種類。

 キーボードと分離できる2in1のタブレットPCとして12.3型の「タイプVS」10.1型の「VU」の2種類。

 そのほか、SOHO/中小企業向けと位置づける「VersaPro J」専用モデルとして、15.6型のベーシックモデル「タイプVL」、10種類のCPUから選べる「VF」、「AMD Ryzen 5 4500U」を搭載する「VW」のビジネスノート3種類を展開する。

 周囲の雑音を除去して自分の声をクリアに伝える「ノイズサプレッサー」や、部屋の残響を抑えて話し声を聞き取りやすくする「ルームエコー抑制」などの機能がある、ヤマハと共同開発のサウンドシステム「AudioEngine」を搭載したVG、VC、VMなどの「Webミーティングおすすめモデル」では、マイクや場所に応じて異なる声量を均一化して出力できる「受話音量の均一化」機能を追加している。

AudioEngine活用イメージ(出典:NEC)
AudioEngine活用イメージ(出典:NEC)
ノートPCの位置づけイメージ(出典:NEC)
ノートPCの位置づけイメージ(出典:NEC)

デスクトップPCは5種類

 デスクトップPC「Mate」シリーズからは、ディスプレイの背面にPCを装着できるスモールモデルとして「タイプMC」を用意。

 スリムタワーモデルとしては、vPro対応可能な「タイプME」、グラフィックアクセラレーターボード「Radeon 520」を選択できる「MB」、「MA」の3種類と、SOHO/中小企業向けの「Mate J」専用モデルとなる「ML」を展開する。

発表したラインアップ一覧(出典:NEC)
発表したラインアップ一覧(出典:NEC)
Jシリーズは保守、保証などに差がある(出典:NEC) Jシリーズは保守、保証などに差がある(出典:NEC)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]