編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

リアルタイムに人材データを把握--データドリブンなタレントマネジメントを支援

NO BUDGET

2021-02-03 16:21

 ITサービス会社のエクサは、日本オラクルが提供する人材管理SaaS「Oracle Fusion Cloud HCM」を採用した。

 エクサでは、以前からタレントマネジメントを行っていたが、人事・組織情報が格納された人事システムとは別に、スキル、コンピテンシー、業務履歴、目標管理に表計算ソフトや個別システムを利用し、データが分散していた。そのため、組織単位での人材育成状況の把握が難しく、最適な人材配置や育成、後任計画のためのデータ収集・分析業務の負荷増大などの課題があった。

 Oracle Cloud HCMを導入することにより、人事、給与、就業状況、スキル、キャリアに関する情報をリアルタイムかつ統合的に可視化・分析し、人材配置や人員計画を最適化した。分散していたデータを一元管理することで、目標や従業員のキャリア志向も可視化でき、自律的なキャリア開発を支援するための1対1のキャリアインタビューを通じて研修などの機会提供や育成を重視したコミュニケーションが可能になった。

 また今回の導入で、リアルタイムに人材データを把握できる人事ダッシュボードを活用できるようになり、経営層のデータドリブンなタレントマネジメント運営を支援できる。

 同社では、人事部門が主導し、リモート環境下の上司と部下のコミュニケーションや社員同士のつながりを支援する社員エンゲージメント強化に向けてもOracle Cloud HCMを活用していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]