編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

山形県長井市とNTT東日本、電子地域通貨を実証へ--行政のデジタル化など目指す

NO BUDGET

2021-02-05 17:16

 山形県長井市とNTT東日本は、同市における電子地域通貨の実証を開始すると発表した。期間は2月10日~3月31日。参加店舗は長井市内における道の駅など6店舗/施設で、利用モニターは同市民と観光客1000人を予定している。

 両者はデジタル化と地域課題解決に向けた協定を締結し、今回の実証を通してスマートシティーと行政のデジタル化を目指す。さらに購買行動の可視化、データの活用による新たなビジネスの検討、政策への反映などにも取り組む。

実証イメージ(出典:山形県長井市、NTT東日本)
実証イメージ(出典:山形県長井市、NTT東日本)

 実証では、利用モニターに実証参加店舗で電子地域通貨による購買利用をしてもらい、データの収集と分析を実施する。店舗と利用者のサービス受容性や運用上の課題を確認するとともに、消費活性化やデータ活用の効果を可視化し、電子地域通貨の有効性を検証する。これにより、電子地域通貨を用いた非接触決済の普及を推進し、新型コロナウイルスの感染拡大予防にもつなげていく。

 今後は協定に基づき、電子地域通貨の実証をはじめ、スマートシティーと行政のデジタル化に向けてモビリティーの効率化、移動/購買活動の最適化、ドローンの農業分野への活用など、さまざまな分野のデジタル化を推進していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]