編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
日本株展望

日本株、再び高値圏でも投機筋は弱気--先物「空売り」いつまで持てる?

ZDNet Japan Staff

2021-02-08 11:13

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 日経平均は再び高値に迫る:ワクチンへの期待続く
  2. 外国人投資家によって動く日経平均
  3. 日本企業の収益が回復:先物の「踏み上げ」も
  4. 裁定売り残に表れる、投機筋の日経平均先物「空売り」の動向

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均は再び高値に迫る:ワクチンへの期待続く

 2月第1週(2月1~5日)の日経平均株価は、1週間で1115円上昇し、2万8779円となった。1月最終週(1月25~29日)に968円下がり、日経平均はしばらく調整入りかと見られたが、すぐに急反発して年初来高値(1月25日の2万8822円)に迫りつつある。

 日経平均急反発を招いた要因として、以下3点、挙げられる。

(1)米国株が急反発、ナスダック総合指数が最高値を更新

 米国株が強かったので、日経平均もそれに連動した。1月最終週に一時急落したナスダック総合指数は急反発し、史上最高値を更新。NYダウも急反発し、最高値に迫りつつある。

日経平均・ナスダック総合指数・NYダウの動き比較:2019年末~2021年2月5日

注:2019年末を100として指数化
注:2019年末を100として指数化

 1月最終週に、ゲームストップ株乱高下(※注)を嫌気して急落した米国株だが、2月第1週にすぐ切り返した。

※注:ゲ-ムストップ株乱高下:ロビンフッダー(売買手数料無料のロビンフッド証券などを使って短期トレードを繰り返す個人投資家の総称)と言われる個人投資家がSNSで声をかけあって、ヘッジファンドが空売りを積み上げているゲーム専門店「ゲームストップ」株に一斉に買いを入れた。
 「機関投資家を打ち負かす」ことを目標とする個人投資家の買いで同社株は急騰、ヘッジファンドは巨額の損失を出して、買い戻しを迫られた。
 ゲームストップ社は赤字が予想されており、ヘッジファンドは「株式価値に対して割高」と判断して空売りを積み上げていた。
 ところが、そこにロビンフッダーがSNSで声を掛け合って襲いかかった。ヘッジファンドが巨額の損失を出して買い戻した後、ゲームストップ株は急落した。

 米国株が強い背景には、米景気の回復期待が強いことがある。米景気回復を示す指標発表が続いていることに加え、2月5日に米下院が2021年度予算議決案を可決したことも景気回復に追い風と見られている。上院でも可決されれば、バイデン政権が掲げる1兆9000億ドル(約200兆円)の大型景気対策が実現するとの期待が高まった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]