編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

SAPジャパンとコンカーが本社移転、社員の42%が「フルリモート」希望

ZDNet Japan Staff

2021-02-08 12:06

 SAPジャパンとコンカーは、4月に東京・大手町の三井物産ビルへ本社を移転すると発表した。両社のオフィス総床面積を55%削減する。

 現在の本社は、SAPジャパンが東京・半蔵門地区で10フロア、コンカーが同銀座地区で1フロアを利用しているが、新オフィスでは三井物産ビルの11~12階の2フロアに集約する。これにより総床面積は55%減少するが、1フロア当たりの面積は、SAPの場合で2.4倍に拡大させる。

 両社は2020年2月から段階的にリモートワーク体制へ移行し、既に社員の9割以上がリモートワークを行っているという。SAPジャパンが2020年8月に社員にアンケート(有効回答955件)した結果、50%が「週1~3回程度の出社」、42%が「フルリモートワーク(出社なし)」を希望し、オフィスの在り方を根本から見直す必要があったとする。

SAPジャパン社員へのアンケート結果
SAPジャパン社員へのアンケート結果

 新本社は活発なコミュニケーションを促し、社内外とのコラボレーションの場に適した環境を作るという。また、SAPジャパンのデジタルイノベーション施設「SAP Experience Center」や、三菱地所と共同運営するビジネスイノベーションスペース「Inspired.Lab」も大手町地区に所在するため、本社移転により3施設の連携も強化できるとする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]