編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

セールスフォース、リモートワークを恒久化する計画を発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-02-10 12:35

 新型コロナウイルス感染症の大流行から1年が経ったが、Salesforceは従業員のリモートワークを恒久化する計画を明らかにした。従業員の新たなニーズに応えるために、象徴的な存在である本社のオフィスタワーについても使い方を刷新する予定だという。

 オフィスを再開しても安全な状況になっても、世界のSalesforceの従業員は、その大半が1週間に1日から3日しか通勤しない。オフィスの近くに住んでいない従業員や、オフィスを必要としない職務の従業員はフルタイムで遠隔勤務を行う。

 この新しいプランは従業員の声を反映したものだ。従業員に調査を行ったところ、半数近くが1カ月に数回しか出社したくないと考えていることが明らかになったという。その一方で、従業員の8割は物理的なオフィスとの結び付きを維持したいと考えていることも分かった。

 Salesforceは世界中にオフィスタワーを所有しており、サンフランシスコにある高さ1070フィート(326メートル)の本社ビルは、米国のミシシッピ川以西で最も高いオフィスビルとして知られている。本社ビルは2018年にオープンした。

 同社は、新しい柔軟な働き方に対応するため、オフィスをコラボレーションや小会議のためのスペースを備えた「コミュニティーハブ」として再設計する。また、自宅での健康状態の確認や出社時の体温確認、マスクの着用、定期的な消毒、対人接触の追跡など、オフィス運用の新たなルールを導入するという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]