編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日本IBM、IDaaS「IBM Security Verify」をIBM Cloud東京リージョンで提供

NO BUDGET

2021-02-10 16:33

 日本IBMは、Identity as a Service(IDaaS)の「IBM Security Verify」をIBM Cloudの東京リージョンで提供すると発表した。4月1日に開始する。ビジネスパートナーとともに販売を推進していく。

 IBM Security Verifyはハイブリッドクラウド環境でのゼロトラストセキュリティを実現するIDaaSで、複雑化するシステム環境において利便性の高い利用環境を提供する。

 新たなセキュリティインシデントが増加傾向にある中で、ゼロトラストセキュリティへの関心が高まっている。インシデントの影響を軽減できるよう、国内のユーザーであるシステム運用者やサービス利用者は、利便性の高いセキュリティ対策の強化が求めている。今回の提供によりクラウドサービスの拠点を国内に求める顧客の調達要件を満たすことが可能となる。

 IBM Security Verifyは、モバイルを含む各種デバイスですぐに始められるシングルサインオン(SSO)、人工知能(AI)を活用したリスクベースの認証による多要素認証の機能、アダプティブアクセス機能(適応型アクセス制御)などを搭載している。セキュリティ強化に必要な多要素認証を状況に応じて最適なアクセス管理を提供し、IDガバナンスとIDの発行から削除までのライフサイクルに合わせた包括的な運用が可能だ。

 具体的には、指紋や顔認証などの生体認証、TOTP(Time-based One-time Password)モバイルオーセンティケーター(Google authenticator、Microsoft authenticator)、メールやSMSでのワンタイムパスワードの発行、QRコードなどを用いたパスワードレス認証やGatewayを利用し、その他の多要素認証とも連携している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]