編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「Oracle Database」最新版にみる“スマートデータベース”の重要性

阿久津良和

2021-02-16 06:30

 日本オラクルは2月12日、記者会見を開催。“コンバージドデータベース(集約型データベース)”製品戦略と、2020年12月からIaaS「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で提供を開始した「Oracle Database(DB) 21c」の概要を説明した。

日本オラクル 執行役 社長 三澤智光氏
日本オラクル 執行役 社長 三澤智光氏

 Oracle DB 21cは216を数える新機能や機能強化を実現しているが、同社 執行役 社長 三澤智光氏は特徴的な新機能として、「ブロックチェーン機能を加えた。SQL I/Fで改竄されていないことを証明するアプリケーションを開発できる。この機能をクラウド、オンプレミスで提供できるDBメーカーはわれわれだけ」と主張。今後はLinuxやWindowsを対象にしたオンプレミス版も提供も予定している。

「目的別DBはナンセンス」

 2009年9月にリリースしたOracle DB 11gから最新版となるOracle DB 21cまでを足し合わせると、約11年間で1300以上の新機能と機能強化を施してきた。下記に示した図はOracle DB 21cの主な新機能だが、三澤氏は「開発者はわがまま。好みの言語で開発したい。Oracle Cloud内部でJavaScriptコードの実行を可能にした」とOracle DB 21cの特長を説明する。

 Oracle DB 21cはMLE(Multilingual Engine)の実装を通じて、JavaScriptのデータ型とOracle DBのデータ型両者を自動マッピングし、組み込みモジュールを介したSQLやPL/SQLの実行を可能にしている。また、以前(Oracle DB 12c)からJSONをサポートしているが、ネイティブデータ型JSONの提供によるサポート強化を図った。JSONをバイナリー形式で保持することで読み取り時は最大10倍、更新時は最大4倍の高速化を実現しているという。

 図に含まれない新機能としては、WHEREやHAVINGといった問い合わせ述語に基づいたゾーンマップの自動作成、既存DB上のデータを用いた予測モデルの構築、ストレージの最適化に伴うグラフをモデル化する際のパフォーマンスを向上させた。

Oracle Database 21cの主な新機能 Oracle Database 21cの主な新機能
※クリックすると拡大画像が見られます

 三澤氏はOracle DB 21cについて「スマートデータベース」と表現。一般的な目的別DBは用途に応じたDBが乱立し、それぞれに異なる開発手法や運用管理、可用性が求められるため、DBを参照する「アプリケーションやシステムからすれば、目的別DBはナンセンス」だと三澤氏は主張する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]