編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

マイクロソフトと独VW、自動運転ソフトウェアの開発で提携

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-02-16 12:37

 ドイツの自動車メーカー、Volkswagen Group(以下VW)は米国時間2月11日、自動運転ソフトウェアの領域でMicrosoftと提携することを発表した。両社は今後、クラウドベースの自動走行システム用プラットフォームを共同で開発する。両社は2018年から、VWのコネクテッドカー向けクラウド「Volkswagen Automotive Cloud」の開発で提携しており、今回の提携はこれをさらに拡大するものだ。

Volkswagen、Microsoft提携発表資料
自動車メーカーと大手テクノロジー企業の提携が広がっている。
提供:Volkswagen Group

 VW傘下のCar.Softwareは、多数のVWブランド向けにデジタルテクノロジーを開発する専門企業だ。同社は今後、Microsoftの「Azure」プラットフォームを開発に活用する。最終目標は、Microsoftのテクノロジーを基板とした自動運転プラットフォームを構築することだ。VWによると、Microsoftとの連携を強化することで開発効率をさらに高め、よりシンプルなソフトウェア設計プロセスを実現できるという。

 VWは2025年までにおよそ270億ユーロ(約3兆5000億円)を自動車の「デジタル化」に投資する計画だ。その一環として、先進運転支援システム(ADAS)など多くのソフトウェアを自社開発する。2022年にはVWの量産車が、Microsoftの技術をもとに構築されたVWのクラウドシステムと通信するようになる見込みだ。その結果、将来は無線接続(OTA)によるアップデートが頻繁に、かつ格段にシームレスに行われる可能性が高い。Teslaが普及させたことで知られるOTAアップデートは、自動車業界で今後ますます一般的になっていくだろう。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]