編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

インテル、ゲルシンガー氏がCEOに正式に就任--「イノベーションの源泉に」

Tiernan Ray (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-02-17 12:20

 Pat Gelsinger氏が米国時間2月15日、Bob Swan氏の後任としてIntelの最高経営責任者(CEO)に就任した。Gelsinger氏は16日朝、Intelの従業員にメモを送り、業界の「イノベーションの源泉」になるよう促した。

 同氏は、「われわれは比類のないIP、エンジニアリングの人材、新しい次世代コンピューティングアーキテクチャーの研究を通して、業界の継続的なイノベーションの源泉となる」とした。

 Gelsinger氏はさらに3つの目標を掲げた。競争の激しい市場におけるすべてのカテゴリーでリーダーになること、「完璧に遂行する」ことを挙げたほか、共同創業者で元CEOの故Andy Grove氏に言及し、「直接的で透明性のあるデータ主導の決定と説明責任を実現するGrove式の規律」を一部取り戻す必要があるとしている。

Pat Gelsinger氏
Pat Gelsinger氏

 Gelsinger氏はメモの中で、Intelで長年働いた経験にあらためて言及し、CEO就任について、「私の理想の仕事」に就くことを楽しみにしているとコメントした。同氏はVMwareのCEOに就任する前、Intelに約30年間勤務していた。

 Intelは1月13日、Gelsinger氏がSwan氏の後任としてCEOに就任することを発表した。Gelsinger氏は2月15日、正式に就任した。アクティビストファンドのThird PointはIntelに対し、大規模に改革するよう求めていた。最先端プロセッサーの製造が遅れ、競合するAMDにPCやサーバー向けマイクロプロセッサー市場のシェアを奪われるなど、製造の問題を抱えていたためだ。

 Gelsinger氏は1月21日、第4四半期決算の電話会議に登場し、いくつかの質問に答え、同社の今後の方向性について大まかに説明した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]