編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

沖縄電力、エネルギー効率化ソリューションで電気使用量を可視化--顧客別に省エネをアドバイス

NO BUDGET

2021-02-19 13:32

 沖縄電力は、顧客との持続可能な関係を構築する取り組みに、日本オラクルが提供する家庭顧客向けエネルギー効率化ソリューション「Oracle Utilities Opower」の活用を開始した。

 Oracle Utilities Opowerはエネルギーの使用データをビッグデータ分析し、行動科学に基づいてアクションにつながりやすいデザインやメッセージを顧客に発信できる。北米を中心に世界100社以上のエネルギー事業者が同ソリューションを採用し、省エネ促進をはじめ、顧客満足度の向上や収益拡大、業務効率化に貢献している。

 沖縄電力はOracle Utilities Opowerの「Eメール・ホームエナジーレポート(eHER :e-mail Home Energy Reports)」とウェブ版のデジタルセルフサービスツールを活用し、よく似た家庭との比較も含めた電気使用量情報、電気使用量と請求額を減らすための節約アドバイスを顧客に提供。提供開始初期においてメールの開封率は業界平均をはるかに超える71%となったという。

 また、同社のウェブサイトで顧客別のコンテンツを提供し、自身の家庭向けに具体的に作成された省エネに関するアドバイスを閲覧することができるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]