編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「Chromium」アップデートで動画再生品質向上--「Raspberry Pi OS」を見る

ZDNet Japan Staff

2021-02-21 08:00

 Raspberry Pi Foundationが年末のソフトウェアアップデートの提供を開始した。このアップデートは、さまざまな微調整や変更、改善をオープンソースの「Raspberry Pi OS」(以前の「Raspbian」)にもたらす。

 最初に紹介するのは、同OSの「Chromium」ブラウザーのアップデートで、バージョン84に更新されている。これにより、YouTubeなどの動画ストリーミングサイトでの再生品質が向上するはずだ。

 Raspberry Pi Foundationは、「Google Meet」や「Microsoft Teams」「Zoom」などのビデオ会議プラットフォームとChromiumの互換性を高めるため、いくつかの修正も施した。これらすべてが「Chromium for Raspberry Pi」で円滑に機能するようになっているはずだ、と同財団は述べた。

 ほかのOSと同様、Raspberry Pi Foundationも数年前からChromiumブラウザーに内蔵してきた「Adobe Flash Player」を廃止しようとしている。プリンシパルソフトウェアエンジニアのSimon Long氏は、「Adobeは米国時間2020年12月31日をもってFlash Playerのサポートを終了するので、これがFlash Playerを含む最後のリリースになる。ほとんどのウェブサイトでは、すでにFlash Playerが不要になっているので、誰も廃止に気付かないことを願っている」と語った

 Raspberry Pi OSに施された変更は、ほかにもある。OSのサウンドサーバーが「Advanced Linux Sound Architecture」(ALSA)から「PulseAudio」に変更された。これにより、OSが複数のソースからのオーディオを処理する仕組みが大幅に改善されるだけでなく、Raspberry PiとBluetoothスピーカーなどのデバイスの互換性も向上する。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]