編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

なぜ嫌われるのか--開発者に嫌われるプログラミング言語、それぞれの不満

ZDNet Japan Staff

2021-02-27 08:00

 ソフトウェア品質保証を手がけるTIOBEは、主要プログラミング言語のランキングを毎月発表している。最新のランキングでは「C」が首位で、「Java」「Python」「C++」がこれに続いた。

 多くのプログラミング言語は、時とともに人気の急上昇と栄光からの転落を経験しており、これには実用性から好みまで、さまざまな理由がある。そこで、特に嫌われているプログラミング言語について理解を深めるため、先ごろ業界全体の多数のビジネスパーソンに話を聞いた。

 「言語に対する嫌悪は人気に正比例する。そのため、最も嫌われている言語は多くの場合、最も人気の高い言語や、最も大きな脅威となっている言語でもある。嫌悪は、その言語がどれだけうまく活用されているかにも比例する」。VMwareのエンジニアリングディレクターのTom Hatch氏は、電子メールにこう記している。

Java

 開発者がある言語を特に軽蔑する理由は、その言語が抱える本質的な欠点というよりも、開発者のプログラミング言語の習熟度に関連している場合がある。たとえばHatch氏は、Javaのことを優れた言語だと感じているが、個人的に好きではないと述べており、その理由として、ほとんどの開発者がオブジェクト指向プログラミング(OOP)構造を理解していないことを挙げた。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]