編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

オックスフォード大の新型コロナ関連の研究を行う施設にサイバー攻撃

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-03-01 10:54

 新型コロナウイルスのパンデミックについて研究しているオックスフォード大学の研究施設のシステムにサイバー攻撃者が侵入した。

 オックスフォード大学は現地時間2月25日、セキュリティ侵害について確認した。

 ハッカーがオックスフォード大学のシステムへのアクセスに成功したことを明らかにしたとForbesが報じたことを受け、同大学は構造生物学部門(「Strubi」)でセキュリティインシデントが発生したことを認めた。

 Strubiのチームはコロナ禍で、新型コロナウイルス自体の研究とワクチン候補の検討に取り組んでいるという。

 Strubiはオックスフォード大学とAstraZenecaによるワクチン開発には直接関与していない。

 ForbesとHold Securityによると、Strubiの「生物学的製剤の機器」が未知のハッカーに侵入された。ハッカーは、被害に遭ったシステムへのアクセスを販売する目的で、研究施設の機器、ポンプ、および圧力装置とみられるものに侵入したとしていたようだ。

 Forbesに提供された証拠には、2021年2月13日と14日のタイムスタンプが記載されている。

 オックスフォード大学は、セキュリティ侵害を認めたが、声明の中で、「臨床研究に影響はなかった。影響を受けたエリアで実施されていないためだ」と述べた。

 さらに、患者のデータや記録に関連するシステムも今回のサイバー攻撃の影響を受けていないようだ。

 英国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)の広報担当者はForbesに対して、「われわれは、オックスフォード大学に影響を与えたインシデントを認識しており、影響を完全に把握しようと努めている」とコメントした。

 この件は英政府通信本部(GCHQ)に報告され、NCSCがインシデントを調査している。

 攻撃者はこれまでにも、新型コロナウイルスやワクチンの研究成果を盗む目的で大学を標的にしてきた。2020年5月には、ロシア、イラン、中国の脅威アクターが研究成果を窃取するために英国の大学や研究施設を標的にしている可能性があるとNCSCが警告したと報じられた

 欧州医薬品庁(EMA)は12月、サイバー攻撃で承認済みの新型コロナウイルスワクチンに関する文書がハッカーにアクセスされたと発表した。1月には、ハッカーが不正にアクセスしたワクチンに関する情報が流出したことを明らかにした

 国際刑事警察機構(INTERPOL)は12月、新型コロナウイルスワクチン関連の組織的な犯罪ネットワークについて警告した。世界的なパンデミックで「前例のないような日和見的で侵略的な犯罪行為が引き起こされている」としていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]