日立、非接触型の指静脈認証端末を提供--指3本でキャッシュレス決済可能 - (page 3)

阿久津良和

2021-03-03 06:45

 2020年10月の時点では5年で100億円規模と述べていたが、前述のとおり生体認証SDKは開発を要するため、「(生体認証統合基盤サービスに加えた)システムインテグレーションやサービスを含めた額」(夏目氏)と説明している。

 今後は認証方式を顔に加えて、顔と指静脈を組みあわせた方式への拡大を予定しており、データ活用、API外部連携を目指しているが、現時点ではC-1や生体認証SDKを利用する際は、サービス提供事業者ごとの生体認証が必要。そのため、消費者は個別に生体認証登録を求められる不便さを強いられる。

 夏目氏は生体認証情報の共有化は「技術的に可能だが、各事業者は自社の付加価値向上などの側面がある。事業者間の連携価値を訴求しながら、一度の登録で認証可能になる世界観を目指したい」と語った。

生体認証SDKの特長 生体認証SDKの特長
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]