イベントにあわせてTeamsに新機能--「Microsoft 365」更新動向【2102版】 - (page 2)

阿久津良和

2021-03-05 06:30

 TeamsとMicrosoft Formsを連携させ、オンライン会議参加者へのアンケートを実施する機能も追加している。あらかじめFormsで投票フォームを作成すると、会議中や会議前後にタブから投票フォームを表示させることが可能。Formsは集計結果をExcelワークシートファイルやウェブ経由で確認できるが、同機能では結果をリアルタイムで確認することもできる。

 その他の変更点としては、テーマとアイコンの更新やiPadでのライブイベントプレゼンター対応、会議中のリアクション、カレンダーの共有、英語環境ではTeams RoomsでCortana音声アシスタントをサポートした。

 また、デスクトップクライアントの左上に矢印アイコンを付与し、直近のアクセス先(チャットやアプリケーションなど)へジャンプできる履歴メニューも加わっている。管理者向けにはダイアルイン参加時に電話番号を隠す設定を用意した。集合(Together)モードも充実させた。

macOS版を含むその他の更新

 バージョン16.46(ビルド 21021202)に更新したmacOS版だが、リリースノートによれば、WordやExcel、PowerPointに利用者がドキュメントやメールの秘密度ラベルを適用や変更、もしくは削除すると、情報はMicrosoft 365監査ログ管理者に提供する機能を追加した。

 また、政府機関向けエディションとなるOffice 365 GovernmentのWord、Excel、PowerPoint、Outlookに機密ラベルの適用機能を加えている。PowerPointはアニメーションGIFや透過GIFをサポートし、WordとPowerPointは秘密度ラベルの推奨もしくは自動適用を行う機能を更新した。

 本稿執筆時点ではiOS版、Android版は更新されておらず、ウェブ版の更新情報をまとめたページも未更新。ただし、ウェブ版Wordは現在ウェブページファイル(HTML+画像ファイルなど)に変換する機能に加え、PowerPointプレゼンテーションファイルへ変換する機能を実装する予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]