編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

Exchange Serverに緊急パッチ、脆弱性悪用攻撃を確認

ZDNet Japan Staff

2021-03-03 17:51

 Microsoftは3月3日、Exchange Serverに複数の脆弱性が見つかり、これを悪用する限定的な標的型サイバー攻撃が確認されたとして、定例外でセキュリティ更新プログラムを公開した。

 同社によると、脆弱性はMicrosoft Exchange Server 2013、同2016、同2019に存在する。セキュリティ更新プログラムはこれら製品に加え、Exchange Server 2010にも多層防御の観点から配信される。なお、Exchange Onlineは脆弱性の影響を受けないという。

 攻撃の初期段階では、Exchange Serverの443ポートへの信頼されていない接続を確立する必要があり、脆弱性の影響を緩和する方法として、信頼されていない接続を制限したり、VPNでExchange Serverの外部アクセスを切り離したりすることを挙げている。この緩和策は攻撃の初期段階に対してのみ有効だとする。

 複数ある脆弱性のうち4件は既に攻撃での悪用が確認され、攻撃者が既にアクセスしたり管理者権限を確保したりしている状態では、さらに攻撃の段階が進んでいる恐れもある。同社では、外部ネットワークに接続するExchange Serverへのセキュリティ更新プログラムの適用を優先してほしいと呼びかけている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]