編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、「Azure Arc」に機械学習を実行できる新機能を追加

ZDNet Japan Staff

2021-03-04 15:47

 Microsoftは米国時間3月2日、「Azure」サービスをオンプレミス、マルチクラウド、エッジなどいずれのKubernetes環境でも実行できるようにする「Azure Arc」の対象範囲を、機械学習の「Azure Machine Learning」にまで広げると発表した。データサイエンティストや開発者が機械学習(ML)モデルを構築し、デプロイ、管理できるようにする。

Azure Arc
Azure Arcの機能イメージ。オンプレミス、マルチクラウド、エッジを問わず、いずれのKubernetes環境でもAzureサービスを実行できる。

 Azure ArcをAzure Machine Learningに対応させることにより、企業はML機能をハイブリッド環境とマルチクラウド環境に拡張し、既存のインフラを活用しながら、データが存在するその場で直接MLモデルをトレーニングできるようになる。これにより、セキュリティやコンプライアンスの要件を満たしながら、データの移動を削減できる。

 新機能を使いたいユーザーは、Azure Arc対応の機械学習(プレビュー)にサインアップすれば、任意のKubernetesクラスターにデプロイできる。データサイエンティストは、使い慣れたツールを使用して、ワンクリックで機械学習モデルを構築し、どこにでも展開できるようになるなどのメリットがある。

 多くの企業が、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドに投資しており、場所を問わずイノベーションを起こし、新たなビジネスニーズに対応できる柔軟性を確保しようとしているという。一方で、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドを採用する際には、クラウドネイティブアプリケーションを構築し、実行しながら、IT環境を安全に管理するという大きな課題があり、Azure Arcがそうした課題を解決できるとMicrosoftは説明している。

 またMicrosoftは同日、2019年秋にプレビューをリリースしたAzure Arc対応Kubernetesの一般提供を開始すると発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]