編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「士業」の問い合わせ業務にAIチャットボットは使えるか

藤代格 (編集部)

2021-03-08 07:15

 「士業」従事者は、定型的な質問が多い問い合わせ業務に時間を取られている――。人工知能(AI)の研究などを事業とするアローサル・テクノロジー(港区)が、士業従事者106人に聞いた調査をまとめている。

 調査対象は、東京在住で顧客からの問い合わせ経験がある税理士や公認会計士、弁護士、司法書士、士業事務所、スタッフなどの士業従事者。2月15~17日、インターネットで調査している。

 全業務に占める問い合わせ業務の割合を聞くと、「1~9%」が20.8%、「10~19%」が17.9%、「30~39%」が5.1%と続いたという。

出典:アローサル・テクノロジー
出典:アローサル・テクノロジー

 問い合わせ業務が1~99%あるとの回答者に「定型的な質問と感じたことがあるか」を聞いたところ、「何度もある」が21.0%、「少しある」が43.2%だったとしている。

出典:アローサル・テクノロジー
出典:アローサル・テクノロジー

 計64.2%に定型的と感じる具体的な問い合わせを聞いたところ、50.8%が「経理処理関連」、42.6%が「事務所のサービスの費用(見積もりも含む)」、37.7%が「事務所のその他サービス詳細」と回答。契約書関連業務や採用情報関連業務が続いたという。

出典:アローサル・テクノロジー
出典:アローサル・テクノロジー

 また、自由記述には「業務時間」「節税方法」「期限に関する問い合わせ」「来客時間の確認電話」「納品した原稿に対する問い合わせ」など、38の回答が集まったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]