編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
日本株展望

日経平均3万円でも「日本株は割安」と判断する理由(その2)

ZDNet Japan Staff

2021-03-10 12:05

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 「失われた20年」から「復活の20年」へ
  2. 日本企業をよみがえらせた平成の構造改革
  3. 令和で「飛躍の10年」に

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

 今回は、前回のレポートの続きだ。前回のレポートは、以下からお読みいただくことができる。

2021年3月9日:日経平均3万円でも「日本株は割安」と判断する理由

「失われた20年」から「復活の20年」へ

 日経平均3万円を「バブルだ、いつか来た道だ」と言う人がいるが、筆者はそうは思わない。筆者は過去25年日本株ファンドマネージャーをやってきた経験があり、30年前のバブルも見てきた。

 今と30年前では、同じ日経平均3万円でも日本企業の財務内容や利益水準がまるで異なる。30年前の日経平均3万円は利益や配当で説明できないバブルだったが、今は利益や配当の価値で説明できる水準と言える。

 日本企業は平成に入ってから「失われた20年」を経験したが、その時に行った構造改革の成果で今「復活の20年」に入っていると考えている。

平成・令和の日経平均推移:1988年12月末~2021年3月(9日)

出所:楽天証券経済研究所が作成
出所:楽天証券経済研究所が作成

 平成最後の10年間(2010~2019年)は、構造改革の成果によって、日本企業が新たな飛躍を始めたと考えている。令和の最初の10年(2020~2030年)は、その成果を刈り取っていくタイミングと予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]