編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

TOKAIグループ、6000台のPCにSaaS型エンドポイントセキュリティを導入--テレワーク環境の安全を強化

NO BUDGET

2021-03-10 14:52

 TOKAIホールディングスは、新型コロナウイルス感染症の拡散防止のために推進したテレワーク環境のセキュリティ対策として、トレンドマイクロのSaaS型エンドポイントセキュリティ「Trend Micro Apex One SaaS」を2020年5月に導入した。

 同グループでは近年、M&A(合併と買収)や海外での事業展開を積極的に推進しており、拠点や従業員が急速に増加し、管理対象となるPCが毎月50台のペースで増え続けていた。また同社はこれまでエンドポイントセキュリティ対策をオンプレミス環境で管理しており、持ち出しPCは従業員が意識して社内の管理サーバーに接続しなければ、PCにインストールされているセキュリティソフトのバージョンが更新されないままとなっていた。

 そのため情報システム担当者は、セキュリティ関連の修正プログラムが更新されていないPCを見つけ、ユーザーにアップデートを促さなくてはならなかった。

 これにより、持ち出しPCを含めた各端末の状況を可視化ができておらず、持ち出しPCのセキュリティ管理負荷や運用工数が増大することとなっていた。

 Trend Micro Apex One SaaSは、クラウド上にあるトレンドマイクロの管理サーバーを用いて法人組織のエンドポイントを保護する。PCを社内ネットワークに接続しなくても、クラウドを通じてPCのセキュリティソフトを常に自動アップデートし、管理対象となる持ち出しPCを含めた社内外のPCのセキュリティソフトの運用状況をリアルタイムに一元管理できる。

 また、自社で管理サーバーを構築・運用する必要がないため、サーバーのバージョンアップや修正プログラム適用などのメンテナンス費用のコスト削減にもつながり、海外を含む全拠点のセキュリティの安全性を高めることができた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]